ウィンク量産型

駄目だよこんなの笑っちゃう

エキストラ(00:03:12)

いつも通って下さっている読者の皆さんへ。ごめんなさい。4月の終わりからずっと黙っていたことがあります。
TBS「氷点」エキストラ参加してきました。ブログになんとなく書いたのが始まりでした。そしたらミマコが「よかったら一緒に行きませんか?」とメールをくれました。そこからミマコとゆっこの姉妹伝説が始まりました。そういえば横ヒナ安のドライブ話はしないまま帰っちゃったね(笑)そして今日俳優のテゴちゃんに会ってきました。果てしなく恋してしまいました。あとミラクル起きすぎ。

待ち合わせ

三崎口駅でミマコと待ち合わせ。いつもコメントくれるけど今日初対面。「ワンピと茶ハット」「黒ジャケとカーキパンツ黄カバン」「カロリーメイト」をヒントに。意外とすぐ見つかった(笑)

★ミラクルその1★落ち着きすぎ

なんでしょうこの本物の姉妹のような落ち着き感。ホントにうちら初対面ですか?バスが来るまで雑談するもマジ落ち着いてた。あと安田の金髪画像見せてもらったよ!!そしてお互いの忘れ物を暴露しつつ(笑)バスで撮影場所まで。

★ミラクルその2★うちら初対面ですよね?

今回の撮影では女子高生の役で応募出してたんだけど、なんか父兄役が足りないとかで19才以上はスーツ持参でお願いしますって言われてたの。だから一応スーツ持っていってたけどやっぱりセーラー服も着たいじゃん。着たこと1度もないし。でも「じゃあスーツに着替えてください」てそんなあっさり・・渋々更衣室へ。そこで私達と同じように「セーラーを着たかったのにスーツに着替える」女の子2人と、傍に居たおばさま達も交えて意気投合。なんですかこの何年も前からお友達ですみたいなノリは(笑)6人でワイワイみんな超ハイテンション。そんで着替え終わった後にプロのヘアメイクさんに髪をセットしてもらったんだけど速すぎてびっくりした。その場で顔のイメージから髪型作ってくれるんだけど、私は三つ編みの横ロールアップになった。かなり濃厚な三つ編み(笑)

着席

昭和40年の卒業式で学生は合わせて300人くらいで父兄役が60人くらい。体育館に入るともうほとんど埋まってたからうちらは空いてる席を探してキョロキョロ。そんでこのへん座った。

  ↓拡大

それでふと周りを見渡したら凄い物を発見してしまった。

この青いとこ。

※徹:手越祐也

★ミラクルその3★なんか近い

うわーうわーうわーうわー・・やっちゃった?うちらこれやっちゃった?静かにテンション上がりつつミマコに耳打ち。「あそこにテゴちゃん座る」そう、私のこの一言で全てが始まってしまった。「え!?手越くん好きなんですか!?」「私はシゲが大好ッき!?」「増田くん担当です!!」「テゴ好きなんですか!?」「好き!!同じ!!」「キャー!!おーなーじー!!」

★ミラクルその4★周りが皆ジャニオタ

他の父兄役の人はちゃんとしたエキストラの方ですごい落ち着いてるんだけど、偶然に偶然が重なって私たちの周りにすごく濃厚なオタクが1箇所に固まってしまったっていう(笑)

午前

ステージ上に普通に石原さとみちゃん登場。吃驚した・・でもすごく堂々としてなんか格好良かった。凛としてるというか。あれだけ人数いるのに緊張とか全然してない感じ。ちょっと遠かったけど間違いなくNs'あおいのさとみちゃんだった。私は「カット!」の声がかかる度にこっそり後ろを振り返って出入口を確認するんだけど、テゴちゃん現われずそのままお昼に突入。やっかし来ないのかなー?いやでもイスに名指ししてあるんだから来るよねきっと・・とか考えながらミマコと一旦別れてお手洗いへ。完全に油断してた。

★ミラクルその5★飯島直子さんとすれ違う

びっっっっっっっっっっっっくりしたぁ!!!!!!なんですかあの人顔小っさ!!!!!!めっちゃくちゃ綺麗なんですけど!!!!!!はんぱないんですけど!!!!!!私とすれ違う瞬間に「すみません」て一言残して出てった・・ドキドキドキドキドキ・・。お弁当を食べつつそのことを報告。P担の方が「ロケベン!」て喜んでて可愛かった。正直私はそれどころではなかったけど(笑)

午後

さっきすれ違った直子さんが体育館に現れてみんな釘付け。ガン見。だってすんげー綺麗なんだもん。いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやちょっと待って。直子さんって夏枝じゃん。じゃあそろそろじゃん。本当にちょうどみんなが飯島さんに見惚れている時でした。発見してしまいました。出入口付近に、



学ランの手越祐也を。
間違いなく手越祐也だった。間違いなかった。初めてこんなに明るいところで見た。みんなまだ直子さん見てて誰も気付いてなかったけど、私の「・・てッ・・ごッ!!!」という小さな叫びで視線がそちらへ。でもまだテゴちゃんは周りのスタッフに挨拶中。そのうちに直子さんがうちらの前を通って例の席へ。最前列だった私たちひとりひとりの目を見つめて「よろしくお願いします」て・・。な・ん・て綺麗な人なんだ!!!!!!なんかもう異次元・・。我に返ってまたこっそり祐くんを目で追っていたらとんでもないことに気付いた。いや・・直子さんが私たちの前を通ったことで嫌な予感はしてたけど・・だんだん・・こちらへ・・近づいてきますよ・・






つまり、


★ミラクルその6★目の前通過

近すぎる。いやもう近いとかじゃない。だってあの時本気出せば確実に抱きつけたもん。距離的にやろうと思えば出来たもん。手を伸ばせば触れられたもん。思い出すだけでも卒倒しそうだし。肌がめっちゃ綺麗で、瞳の色がね、雑誌で見るよりもテレビで見るよりも茶色が深くて吸い込まれそうだった。不思議な目力は今も健在だよ。いやそれからはもう後ろが気になって仕方なかった。でもテゴちゃんはお仕事中なんだし邪魔しちゃいけないじゃん。私はエキストラとしてちゃんと協力しようって頭ではわかってるけど、どうしてもどうしても後ろが気になって集中できなかった。もちろんチラチラ振り返ったりとかはしなかったけど。でも祐くんが前を向いたら確実に私の後頭部が彼の視界に入るんだよ!?集中なんて出来るわけない(笑)

移動

何カットか撮った後、女子学生退場。明らかにNEWS担のバカどもが後ろ向いて祐くんを見まくってざわざわしてうるさくて撮影にならなかったので。しかもその移動の時も酷かったんだよ。「出てください」て言われてんのに往生際悪く体育館の中に入ってこようとしたりロケバスの方に近づいていったり偶然テゴちゃんが入口付近で笑いかけてくれたみたいで「キャー!!!」て声が体育館の中まで聞こえたり。休憩中だったから良かったけどもし本番中だったらとか考えないのかな・・いや考えてないだろうな。バカだから。お前らのその汚い「キャー」のおかげで撮り直すことになることとか一切頭に無いんだろうな。その迷惑な行動がそのままテゴちゃんの評価を下げるってこともわかってないだろうな。バカだから。撮影が全部終わったあとも酷かったよ。走り出したりテゴちゃんが座ってたとこに座りに来たり。いっぺん死んで来いよ。目の当たりにして心底呆れた。みっともない。若いからとかそういう問題じゃなくて同じように応援してる人として括られたくない。私たちは一応父兄役だから残らされた。騒いでもなかったし。いや騒ぎたいけどみんなちゃんと我慢してんだよ(笑)そんな状態で父兄役とテゴちゃんと直子さんの撮影開始。でも機材配置の関係で最前列に座ってた私たちは「ちょっと端に避けててもらっていいですか?」とスタッフさんに言われて一旦映らないところに移動。
え?ちょっと待って?

★ミラクルその7★端でテゴちゃんの演技見放題

台詞皆無で表情で見せるシーンの連続だったんだけど、目つきを変えたり眉毛を上げてみたり瞬きを多くしてみたり彼なりの努力とか工夫が目の前で繰り広げられててめちゃくちゃ感動した。祐くんはいつも「とりあえずやってみる」を実践してそれがピッタリはまるから凄い。あの時やっぱりテゴちゃんはテゴちゃんなんだって再認識した。作り物じゃなくて努力家で負けず嫌いの、あれが本当に本物の私が大好きなテゴちゃんなんだって、あそこに居て初めて自覚して更に見入ってしまった。無性に泣きたくなったけどなんとか耐えた。

さとみちゃん

テゴちゃんと直子さんは一旦戻り、ステージ上でさとみちゃんの撮影。相変わらずさとみちゃんは堂々としてて迫真。2つ結びにしててすごく幼いのにやっぱりめちゃくちゃ格好良かった。チェックが終わったら今日のさとみちゃん撮影は終了。スタッフさん達に「お疲れ様ー」て言われてエキストラさんに拍手をもらいながら退場。「手振ってみよっか・・」「ちょっとだけ・・」「控えめに・・」とミマコと小声で打ち合わせて、ヒラヒラヒラ〜とさとみちゃんに向けて手を振ってみました。

★ミラクルその8★満面笑顔のさとみちゃん

しんだ  ̄|_|●見てはいけないものを見てしまった!!!!!だって女の子に手を振られてドキドキしたことある!?ねぇ!!女の子に手振ってもらってドキドキしたことある!?私は初めてだったよあんなドキドキは!!!!!!めっちゃドキドキした!!!!!テゴちゃんとか一瞬どうでもよくなった!!!!!可愛くて可愛くて・・どう脳内処理したらいいんですか・・。もともと好きだったけどもっと大好きになったよ。好きな女優ランキング不動の1位だよ!!!!!!さとみちゃんこれからも頑張ってね・・!!!

台詞

再びテゴちゃんと直子さんが現れ、今度は台詞のあるシーンの撮影。私たちはまた退け者だったので端からテゴちゃんをガン見。台詞は「どうしたんろう・・アガってんのかな・・?」「母さん、まさか!!」だったよ(笑)もう何言っても萌えるよ。オンエアめっちゃ楽しみだね。ってこれ書いたらマズイのかな?このくらいの台詞なら大丈夫かな。
もう今日はなんでもいい。芸能人に恋をする感覚がちょっと戻ってきたよ。麒麟の川島くんとか千鳥の大悟くんみたいな。やっぱり普段のテゴちゃんは誌面や画面の中だけの存在だから、今日みたいにリアルな人間というか男の子な姿を見せられたら気持ちのコントロールが出来なくなるよね(笑)コンサートとかはまた別だけど。でも今日は何よりたくさんのオタクたちと語りあえたことが1番楽しかった!このチャンスをくれたミマコに感謝。本当にありがとう。仲良くなれてめちゃくちゃ嬉しいです。次回も機会があればどっか連れてってください(笑)とりあえず4日のエイトコンで会おう♪今日はこれで寝ます!みんなお疲れ!!