ウィンク量産型

駄目だよこんなの笑っちゃう

iPhoneとiPad

昼休みに少し遠出して家電量販店へ行った。えくすぺりあを触りたかったのに実機が無くて断念。代わりにあいぽんをベタベタした。ここまで真剣にガッツリ触るのは初めてで、そしてわかったのはあんなものを私が手にしたら休みが足りなくなるいうこと。自分用のカスタマイズだけで何日費やすかわからない。本番はそれからだというのに。あとフリック入力の快適さが思った以上にハンパ無かった。難しいと言われるけど最初だけ我慢して習得すればかなり楽に文字が打てるよね。乗り換えない理由はドコモでは無くなることと、着ボイスがDL出来なくなることくらい。2台持ちは確実にドコモがかわいそうになるから絶対にしない。それに少しだけソフトバンクが嫌いだから。もう何年も前だけど店頭で受けた接客と対応が最低だったんだよあいつら。iPadも興味はあるけれどデカすぎる。バイブル版くらいの大きさなら検討したかな。電子手帳として使えそうだし。そういえばiPadの話題になった時に「電話するときどうするの?こうするの?」て赤子を抱くような仕草をした私に鋭く「ねーよ」と総突っ込みをくれたのは誰だったかな。複数人居たはず。
先日Twitterで少し呟いたけれどiPadみたいなものがiPodのように本格的に出回ったら、講義にノートブックを持ち込む事はもう無くなるよなきっと。ペンタブみたいなアプリケーションでメモをしてそれを後から復習がてら活字に起こしてそれを電車の中で眺めながら通学、テスト前には一瞬でノートの貸し借り・・効率的すぎて夢のようだね。でも数年後には本当にそんな時代が来てしまう気がする。学生当時に「某有名大学の講義にはみんなノートPCを持参してキーボード音がうるさいらしい」と聞いた時はアホかと罵ったけれどあんなに軽くて薄い板1枚なら自分も是非実行したかった。

広告を非表示にする