ウィンク量産型

駄目だよこんなの笑っちゃう

ドクソウ/板倉俊之発売記念トークイベント参戦記

数日前から板倉スレでざわざわし始めて越谷だけかと思いきや北戸田と吉祥寺でもやるっていうからさ。これは1日オリキだとかヤラカシ並に追いかけるしかないと思い、ヤラカした。いやただ順々に出没しただけなんだけれども。とにかく越谷が遠くて遠くて。ちゅーそんさんのFFメドレー何周したか覚えてねえ。あの辺に住んでいるオタクが横アリに来るのがどれだけ苦痛なのか思い知った。みんなツアー中は頑張っているんだね。というわけで1箇所ずつ書いてみる。正直3箇所目の記憶が濃すぎてあまり覚えていなかったり。

越谷レイクタウン

少し遅刻しそうになったんだ。いや朝早く起きてマリオカートやろうと思って。父が新聞読んでいるのを見越して起きたのに「相棒(録画)」観ながら洗濯物畳んでやがった。ちくしょう。二度寝はしないようまた少しだけ横になった結果がこれだよ。急いで出発。遠いお・・埼玉遠いお・・武蔵野線の駅の名前1個も知らないお・・怖いお・・知らないところ1人で怖いお・・。現地で朱奏ちゃんと合流。広場に着いた時の人の多さに吃驚した。思わず「越谷人多すぎワロタ」とスレに書き込む。朱奏ちゃそ到着。少し前に詰めて座る。場所は完全に舞台(といっても階段1段分高いだけ)の上手側に着席。カーペット床。


ちょうど真横から見る位置に。前には可愛らしい女子高生、右後ろには3歳くらいの男の子。とにかく休日のショッピングモールは親子連れが多いのなんのって。時間が近づいて少し周りがざわつく。何事かと後ろを振り返ってみる。スタッフさんらしきひとがちらほら。おお。もうすぐか。どこから出てくるんだろう。何回かキョロキョロを繰り返し、やはり後ろかな、と、最終的に斜め後ろあたりを振り向いてみた。

は?
何やってんの?何ジャレてんの?そこに居たらパーテーションの意味ねぇから!!!てか、その、子供に、向ける、めちゃくちゃ、優しい、瞳は、なんなの・・。もう本当に優しすぎて泣きそうになるも耐える。たまにこうしてそういう一面垣間見せるから惚れざるを得ないんだよ。もうあの表情が忘れられない。握手とかサインとかどうでもいい。偶然とはいえあの時の板倉は本当に格好良かった。優しかった。大好きだ。今日一番の想い出だ。
というわけでトーク開始。吉本のおねーさんが出てきて司会。なにこのひと可愛い。そして巨乳。おねーさんと板倉で見所等を少し喋った後に客席からの質問タイム。地元トーク炸裂で1つも分からなかったけれど朱奏ちゃんがやたら食いついて楽しそうにしていたのでよかった。トリガーのインタビュー記事に「高校の頃から電車内でマナーの悪い奴には腹が立っていた」と書かれていたのを思い出して今日乗ってきた武蔵野線を思い浮かべ「なるほどあの電車の中で腹立ってたのか」と繋げてみる。まもなくサイン&握手会開始。なんかお相撲さん来ててワロタ。私は特に乙女も発動せず淡々とサインしてもらい握手もした。いたくらの手がありえないくらいあったかくてまた泣きそうになった。なぜだか今朝から指先と足先が全く温くならなくて困っていたから尚更。一瞬だけどぎゅ、てあっためてもらえて物凄く嬉しかった。うんキモくてもいい。だって嬉しかったんだもん。心の中で「あったかかったーーーーー!!!」て叫んだ。最後にちゃんと目を見れたし見てくれたし前回の反省点は克服した。だってあの時はそれどころじゃなかったもの。

イオン北戸田

早めに行けたので席にも座れた。最後尾だったけれどセンター。軽くその場で茶して一服して待機。また親子連れだとかお年寄りが寄り付いている状況。ここは正直行こうかどうか迷っていたのだけれど来てよかった。本当によかった。トークがめちゃくちゃ面白かったし、ちびっこ達や中高生の質問に耳を傾けてまた優しく答える板倉を見れたから。「どうしてお笑い芸人になったの?」に対してのおどけた答えが本当ならいいと思った。そしたらまたどうしようもなく好きになるのに。2階から質問の手が挙がった時にいたくらが「2階からの攻撃っ」て呟いたのがやたらツボに入ってしまって「このゲーム脳め!!」と脳内で突っ込んだ。ちびっこが「はねるはいつからやってるの?」と聞いていて思わず「ググれ」と毒づきそうになった。危ない危ない相手は子供。そして2回目のサイン&握手会。さっきはDVDケースの内側左の真っ白なスペースにもらったけれど今回はジャケット紙を取り外してフルートを構える板倉の写真の横に。私の前に並んでいたイカしたおにーさんがトリガーも取り出してサインをもらっているのになんだか感動した。そして私。

ゆ「すいません また来ちゃいました」
板「あ、ありがとうございます」

引wwwいwwwてwwwwるwwwwwwwwwこのひと引いてるwwwwwwwごめんなさいwwwwwww自重出来なくてごめんなさいwwwwwwww生きててごめんなさいwwwwwwwwwマジワロタ。だってせっかく遠くから来たし、ね。でもごめんね。好きなんだもん。いやね、板倉スレでも「何度も行く意味がわからない(1回でいいだろ)」とか「何度も行くのは疲れてる板倉に申し訳ない」とか色々な意見があったよ。私も行きの電車内で何度もサインをもらう意味を軽く見失ったよ。一般人になりかけたよ。でも負けた。申し訳ない気持ちも勿論あったけれど自分に負けた。2回目の握手は1度彼が纏っていた黒いジャケット(内側が宮田色の豹柄でテラお洒落)で拭ってから手を差し出してくれた。手汗とか気にしないのに。また目を見ながら挨拶出来たよ。もう怖くない!恥ずかしくない!という事で北戸田終了。朱奏ちゃんの付き添いも終了。忙しい中尚且つ疲れてるのに付き合ってくれてありがとう。久々にたくさん喋れて楽しかったよ。キスマイコンで会おう!ここで再び「北戸田人多すぎワロタ」と書き込み。

HMV吉祥寺パルコ店

ひとりになった電車内でさっちゃんとメール。彼女とは吉祥寺駅で待ち合わせ。

ゆ「2件目も来ちゃいましたっつったら引wかwれwたwww」
さ「全ステ!?」

全ステって言うな。ツアーじゃねんだからw予定時間内に無事合流。さっちゃんいつぶりだったんだろう・・最後に会ったのいつ・・?とにかく久しぶりだ。

さ「全ステ!?全ステ!?」
ゆ「全ステって言うなw」
さ「埼玉から南下してきたの!?」
ゆ「そうそう板倉ツアーw」
さ「板倉前線!?板倉前線!?」

天気予報みたいに言うな。ダラダラ昼間の様子を喋りながらHMVへ。客誰もイネー。一番乗りかよ。開始1時間半前に着いてしまったのだから当然か。あらかじめ手に入れておいた整理券に記載されている説明文の意味がわからないので念のため前方に居てみる。ブースのスクリーンには「ドクソウ」のプロモーション映像が淡々と流れている。このコントが面白かっただのこの板倉が格好良すぎだのどうのこうの語り続けること1時間半。私達の後ろには自然と人だかり。オイ、このまま、始める、気、なの、か・・?この、まま、では、ここ、は、最、前、列、に、なる、のでは。死ぬ死ぬwww常識的に考えて死ぬwww案の定「板倉俊之さんですー!」て出てきた瞬間鼻血出るかと。え?なに?板倉との距離?えっとね、1m無い。余裕で抱きつける距離。氷点エキストラの祐くんの時ととてもよく似ている。さすがにさ、今日3回目に見る訳だからそれなりに免疫は出来ているよ。ただね、そんなもの、サインしてもらっている時間、せいぜい数十秒の話なんだよ。こんなバカ近距離で長いこと傍に居たら変な乙女がまた発動して当たり前だろう。そんな良い意味で拷問のような時間が終わり、続いて整理券の番号順にサイン&握手会。血迷ったおかげで整理券は3枚持っていた私。1枚はさっちゃん、残り2枚でおそらくサインは2つもらえるはず。しかし書いてもらえる場所がもう無い。さっちゃんがやたら「名前書いてもらえ名前書いてもらえ」とうるさいwww試行錯誤の結果、すでに2つのサインが入っているDVDのディスクに直接、もう1枚新品はケースの内側左にしてもらうことに。テンパり、急な乙女発動で「なまえ入れてください」と言うのを忘れる。なんというトリ頭。終わり間際にさっちゃんが「なまえ!」てフォローしてくれて「ああ!なまえ入れてもらっていいすか!」と。もたつきながら書いてもらう名前を告げて筆先をガン見。帰宅後その名前を見直してみたけれど恥ずかしすぎて死にたくなった。ただの「ひらがなでゆっこ」なんだけどさ。ダメだこれ。こりゃ封印だ。優しく封印。さっちゃんも無事逢瀬を果たし本日の予定全て終了。いたくらはトリガーのサイン会の時ほど疲れていなさそうだったしよく笑っていたし相変わらずひとりひとりへの対応が丁寧で優しかったしなんかもうほんと良かった。安心した。ラストに「皆さん、健康で!」と言ってくれたがあそこにいた人たちは皆「おまえがな!!!」と全力で叫びたかったに違いない。板倉のファンて本当にいい人が多いと思う。捕獲出来ない地方番組や急に出演が決まった番組のレポが落ちたり、質問にはあらかた答えてくれるし、何より、みんながみんな板倉の健康を気遣って芸人としても1人の人間としても尊敬して語り合ってる。メンズも熱いし。やっぱり良いひとの周りにはいい人が集まるんだね。私も含めて。げふんげふん。というわけでその後も色々とあったのだけれど今の段階では書くのはやめておく。事後報告にしたい。さっちゃんとはそれから1時間ほど茶してバイバイ。マジ楽しかった。超笑った。さっちゃん付き合ってくれて本当にありがとう。最後に朱奏ちゃんもさっちゃんも「ナマ板倉マジ格好良い」とはしゃいでいた事を付け加えておく。あ、さっちゃんは「可愛い」の方が多く言ってたか。格好良くて可愛くて優しくて面白いってそれどんだけ最強な男前だよ。まったく。まさか年内に2回も会いに行けるとは思ってなかった。しかも最後に関してはあんなに近くに居れるなんて。幸せだったー。家出る前に「板倉なんてどうでもいいからマリオカートやりたい」とか言ってごめんなさい。DVDはエイトに飽きたら垂れ流ししようと思う。あ、感想文はもうほぼ書きあがってる。キスマイの当落繋がるの待ちながらぽちぽち書いてたんだ。明日上げる。
トリガーの感想文や板倉その他芸人さんの検索から来てくださっている方、この場を借りて日頃の御礼申し上げます。いつも読みに来てくださってありがとうございます。本業はジャニオタなのでそんなに詳しく書けませんし仕事の都合上土日しか動けませんがまた何かありましたらこのように書きたいと思っておりますのでその際はまた遊びにいらしてください。会場に行ったひとも行けなかったひともスタッフさんも板倉もみんな乙!